自主廃業支援保証

制度のご案内

経営者が廃業を決断する場合に、まず必要となる資金(買掛金決済、原状復帰等のつなぎ資金)の調達が円滑に行えることを目的とした制度です。

資格要件 以下のすべてを満たす中小企業者
  • 1.事業譲渡や経営者交代等による事業継続が見込めず、自ら廃業を選択するもの。
  • 2.直近決算が実質的に債務超過でなく、完済が求められる債務について事業清算により完済が見込めること。
  • 3.バンクミーティング等(債権者たる金融機関等の関係者が当該申込人への支援の方向性、内容等を検討する場)により合意に至った廃業計画書に従って計画の実行及び進捗の報告 を行うもの。
保証限度額 3,000万円以内
資金使途 廃業計画の実施に必要となる事業資金
返済方法 一括返済または分割返済
保証期間 1年以内(かつ、終期は解散予定日より前)
貸付形式 手形貸付、証書貸付
融資利率 金融機関所定
担保 必要に応じ
保証人 原則として法人代表者のみ
保証料率 信用保証料率表(PDF)